• HIROTO SUZUKI

腸内環境とダイエットの関係性

こんにちは!!



Beautiful Body Art Gymトレーナーの鈴木です!!



本日のブログは「腸内環境とダイエットの関係性」です!!






僕がパーソナルトレーナーをしていて感じるのが、





便秘の女性が多い!!!


そして、便秘の人は痩せない事が非常に多い!!




食事もしっかりと管理して、毎週頑張ってトレーニングをしているのに、なぜか思ったように痩せない。。



原因となり得る可能性のあることをヒアリングしていくと、



じつは1週間近くまともに出ていない・・・・」なんてことも多々あります。




腸内環境が悪くなると、宿便が溜り悪玉コレステロールが増えて、循環が悪くなるために、食事と運動を頑張っても痩せない事、結構あります。



「痩せない理由が、便秘かもしれません」



そうお伝えしても、「もう何年も慢性的に便秘だし、そんなはずはない!!」と言う方も少なくありません。




というより、ダイエット以前に1週間も便秘の状態が普通なら、身体の状態的にやばいと思いますが、、、(笑)




実際、便秘はダイエットにそれほどまでに影響を与えるのでしょうか?



「便」は簡単に言うと、「老廃物」です。



老廃物が、長い間腸の中に留まると、腸の中でその便は腐敗して毒素が生まれます。



その毒素が、身体をめぐることで様々な不調を来たす上に、新陳代謝が落ちてしまい脂肪が燃えなくなってしまいます。




また、肌荒れなどの症状も引き起こす上、最悪の場合病気になってしまう危険すらあります。




では、便秘を解消するためには何が必要なのでしょうか??



よく、「ヨーグルトお毎日食べて乳酸菌を摂っています!!」という方が多いのですが、はっきり言ってひどい便秘の時に乳酸菌だけを意識して摂取してもその働きは半減してしまいます。




腸内に悪玉菌が多く留まっていると、せっかく善玉菌を増やす乳酸菌を摂取しても、悪玉菌の方が働きが強く、善玉菌を増やす働きが阻害されてしますからです。




まず、「宿便」を出す事が最優先になるのです!!




宿便を出すには、「食物繊維」を摂取する必要があります。




ここでも多くの人が勘違いしているのですが、食物繊維には




不溶性と水溶性がある!!



という事です!!




食物繊維摂れてますか??」と聞くと、「毎日レタスやキャベツ食べてます!!」と答える方が多いのですが、、、




意識して水溶性の食物繊維を摂れている方が少ない!!




水溶性食物繊維とは、例えば「海藻」など水に溶ける食物繊維です。




不溶性は水に溶けない食物繊維なので、ご存知の通り野菜や根菜類やキノコなどの食物繊維を指します。



この不溶性食物繊維水溶性食物繊維の割合を、不溶性7割、水溶性3割ほどのバランスで摂取するのが望ましいと言われています。




海藻類が苦手な人は「イヌリン」という、菊芋から抽出された無味無臭の水溶性食物繊維もオススメです。




まずは、このように毎日しっかりと食物繊維を摂取し宿便を出す事が最優先なのです!!




宿便を輩出してから、乳酸菌をしっかりと摂取することで腸内の善玉菌が増えて、結果的に腸内環境が整うという訳です!!




たかが便秘と甘く見ていると、せっかく努力してもその努力が最大限に生かされなくなってしまう事になります!!





乳酸菌を摂るのももちろん大切ですが、まずは宿便を輩出して腸内の善玉菌を増やすことが大切です!!




不溶性食物繊維水溶性食物繊維をしっかりとバランスよく摂取し、宿便を出して、それから乳酸菌をしっかりと摂取することでその効果は最大限に発揮されます。





もちろん、腹筋を動かしたり股関節を動かすことで更に便を輩出しやすくなります。





もしもあなたが、食事もトレーニングも全力で頑張っているのに、なぜか思ったように体重や体脂肪が落ちないとお悩みならば、その原因は便秘かもしれません!!




もちろん、それ以外にも原因があるかもしれませんが、ダイエットを成功させるためには、その原因となる要素を一つ一つ解決していく必要があります。




頑張っているのに思うように結果が出ない人は是非一度ご連絡下さい。



必ずその原因を突き止めて、あなたのダイエットを成功に導いてみてます!!



054-291-6078



Beautiful Body Art Gym 鈴木



ご予約はこちらからどうぞ


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示