• HIROTO SUZUKI

“0kcal飲料”って飲んでも太らない??

こんにちは!!




Beautiful Body Art Gymトレーナーの鈴木です!!




本日のブログは「“0kcal飲料”って飲んでも太らない??」です!!



最近、0kcal飲料が増えてきていますよね!!



なんなら、味は普通のジュースなのに、飲めば体脂肪を燃やす!!とか、脂肪と糖の吸収を穏やかにする!!




なんて、嘘じゃないかと疑いたくなるような物まであります!!笑



では実際、0キロカロリー飲料はいくら飲んでも本当に太らないのでしょうか??






まず、食べ物には必ず「カロリー」が存在します。




タンパク質


脂質


炭水化物(糖質+食物繊維)


アルコール




基本的には、この4つがカロリーを持つ栄養素となります。




そもそも、0キロカロリー飲料は甘みを付ける為に「甘味料」を使用しています。



この甘味料があの甘さを出しています。



しかし、「カロリーが無い」という事は、上記に挙げた4つのどの栄養素にも分類されない。



という事になります。



では、いったい何なのか??




これは、いわゆる「食品添加物」に分類されます。




ただし、「甘味料」と一言で言っていますが、甘味料の中にも分類があります。




天然甘味料
合成(人工)甘味料


大きく分けると、この2つに分類されます。



天然甘味料」とは、ステビア、ラカント・羅漢果など。



合成甘味料」とは、エリスリトール・アスパルテーム・アセスルファムカリウム・スクラロースなど。





なんとなく、名前的にも「合成甘味料」はやばそうなにおいがしますよね。。笑




ただ、誤解を生んでしまうので、先に説明しますが、どれもダイレクトに身体に害がある!という訳ではありません。



そんな危険なものを使った飲料を、厚生労働省が「特定保健用食品」として許可をするはずがありませんからね。。笑



ただし、例えば妊娠中は控えたほうがいいものや、多量摂取で糖尿病のリスクが高まるものもあるので、その辺りは注意が必要です。。



ちなみに、妊婦さんや授乳中の方が避けるべき甘味料は



アスパルテーム




です。




この甘味料は、フェニルアラニンアスパラギン酸という成分が結合したものです。



このフェニルアラニンというのが注目する成分になります。

実は確率はとても低いですが、、体内でフェニルアラニンを代謝させられない病気




「フェニルケトン尿症」




という病気があります。




この病気を患っている方にフェニルアラニンはかなり危険な成分になってしまいます。



万が一、胎児がこの病気を持っていた場合、お腹の中で排出ができずに蓄積されていってしまいます。



すると胎児の発育にも影響を及ぼし、脳の発達の遅れや精神障害を持って生まれてくる危険があります!!





この「アスパルテーム」結構色々な0キロカロリー飲料に使われています。




ダイエット以前に、元気で健康な赤ちゃんを産みたい女性は、ぜひ注意してみてください。




話がそれてしまいましたので、元に戻しましょう!!




まず、お砂糖や蜂蜜、ブドウ糖などの「糖類」には、「糖質」が含まれます。




糖質制限云々は別として、糖質には1gあたり4kcalのカロリーを含みますので、当然摂取しすぎれば太ります。



しかし、糖質を摂取することで太るリスクは、実はカロリー以上に





「血糖値」の上昇です!!




必要以上に糖質を摂取すると、大量の中性脂肪が分泌され、「血糖値」の数値が上昇します。



本来、「」は身体を動かすのに必要な大切なエネルギーです。



しかし、必要以上に糖質を摂取すると、身体を動かすのに必要な分以外が、「中性脂肪」として蓄えられ、結果太ってしまう。



という訳です。

以前のブログ「炭水化物はダイエットの敵??」に詳しく記載しています。




なので、カロリーもダイエット中は気にするべき点ではありますが、カロリーばかりを気にして、糖質ばかりを摂取する食生活だと、中性脂肪数値が上がり痩せづらい身体になってしまいます。






では、この「甘味料」は血糖値の上昇はしないのでしょうか??





結論的には、基本的に血糖値は上昇しません!!




ただし、ごくまれに多少の血糖値の上昇が認められる。というケースも発表されています。




マウスを使った実験で、あらゆる甘味料を一定量、一定期間摂取させ続けたところ、一部のマウスは様々な甘味料で血糖値の上昇が認められたそうです。




その中で唯一、一切血糖値の上昇が認められなかった甘味料が



糖アルコール



糖アルコールは、キシリトール・エリスリトール・ソルビトール・マンニトールなどの甘味料です。



これらは、血糖値の上昇リスクが無い!!と言い切ってもいいと思いますので、より太るリスクは低いと考えて大丈夫です。



しかし、あくまでも、甘味料で血糖値が上昇するのは、「極めて稀」です!!




ただし、合成甘味料は人間が作り上げた添加物であり、脳に「甘い」と錯覚させることでその甘さを作っています。




当然、毎日大量摂取すれば、リスクも伴います。




ただ、甘いのもを必死に我慢して、食べたいものも頑張って制限して、その上、0キロカロリーと謳われえているものまでも「ダメ」なんてきっとストレスが半端じゃないと思います。




毎回毎回僕が言うのは、





「ダイエット成功の秘訣は‘継続‘できるかどうか」




あなたが、頑張って大好きな甘いものを我慢している。




だったら、そのストレスを少しでも軽減するために使えるものは上手く使うべきだと思います。




当然、過剰摂取はだめですが、たまに息抜きで0キロカロリー飲料などを取り入れることはとても良いと思います。




可能ならば、合成甘味料ではなく、天然の甘味料である、ステビアやラカントなどを使用すればなお良いと思います。




これから本格的に暑い夏がやってきます。




水分補給はとても大切です。




0キロカロリー飲料をうまく使ってストレスを少しでも少なくし、必ずダイエットを成功させましょう!!




長くなってしまったので、この辺にしておきますが、全部伝えきれていません!!笑



詳しく知りたい方は、お気軽にご連絡ください。



054-291-6078



Beautiful Body Art Gym 鈴木



ご予約はこちらからどうぞ

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示